So-net無料ブログ作成

安心感 [散歩の途中]

たわわに実った稲穂の刈り取りも、ほとんどの田んぼで終わったようだ。秋になり、金色に色づいた田んぼを見ていると、何となくホッとするのは、米が主食だからだろうか?
刈り取られた稲も、今はほとんどコンバインで刈り取ったと同時に脱穀までやってしまい、籾だけを収穫していくが、まだ天日乾燥にこだわっている農家の方もいらっしゃる。刈り取った稲束の干し方は全国様々だが、天日乾燥の方が、味がおいしいと言われている。
いずれにしても、自然と闘いながら育ててくれた農家の方に感謝です。


タグ:写真 60D
nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みんな なに見てるの [飛行機]

羽田空港の第一ターミナルの展望台の南端で、着陸してくる飛行機を逆光で撮っていたが、周りはみんなすごいレンズをつけた方たちばかりで家族連れの姿はあまり見かけなかった。
でも、着陸してくる飛行機の撮影が一段落し、展望台の北端の方に歩いていったら、そこには第二ターミナルの方向を見ながら楽しそうにしている人がたくさんいらっしゃった。やっぱりみんなは飛び立つ飛行機の方が好きなんですねー。


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆光の中を着陸してくる飛行機を撮るのも楽しいものだ [飛行機]

順光の状態で離陸していく飛行機を撮るのもいいが、逆光の中を降りてくる飛行機を撮るのも、時々キラリと光ったりして楽しいものだ。

ファインダーを覗いていると、着陸してくる飛行機は昼間でも遙か遠くからわかる強烈なライトをつけ、 結構左右に揺れながら降りてくるのがよくわかるし、その飛行機の後ろには、もうすでに着陸体制に入っている次の飛行機が控えていることにも驚く。

そんな楽しみも、多くの方からみれば、「一体何がいいのよ?」と思うだろうなぁ・・・・


nice!(48)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

小さいけれど魅力的 [飛行機]

羽田空港は、発着する飛行機のほとんどがJALとANAの塗装だが、ほかにも魅力的な塗装を施した機材を見ることもできる。中でも、AirDoの「ベア・ドゥ ドリーム号」の塗装が気に入っている。小さな機体で大型機に間を縫うようにタキシングし、その塗装で強烈な個性を放っている。第二ターミナルビルの端のほうに駐機しているが、展望台の真下にBoeing787と並んで止まっていたら、きっと人気者になると思う。


nice!(57)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

アッ! カワイイ- [飛行機]

改装工事で室内からガラス越しに滑走路を見ることができるようになった第2ターミナルビル。そのガラス越しにたくさんの家族連れが飛行機を見ていたが、この飛行機が現れたとき、私の隣にいた子どもの口からこんなことばが聞こえてきた。「アッ! カワイイ-」

ANA創立60周年記念特別塗装機の「ゆめジェット~You & Me~」は公募デザインで、世界36カ国から7042作品の応募があり、2012年12月1日に東京都在住の画家、間弓莉絵さんのデザインが大賞に選ばれた。就航路線は固定せず、767が就航している全国各地の空港へ運航され、2013年2月に就航した同機の就航期間は、2014年度末までの約2年間を予定しているという。

http://www.ana-pr.jp/2013/02/0225/
http://www.ana-pr.jp/2013/03/01/

http://www.aviationwire.jp/archives/16110
http://www.aviationwire.jp/archives/16180

nice!(48)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この角度が好きなんです [飛行機]

1993年5月から飛び続けている機体記号: JA8960のジャンボジェット。
来年春には国内線からその姿を見ることはできなくなるが、残されたフライトを撮ろうとたくさんの方が展望台でカメラを構えていた。
私もその一人だが、上の写真のように、斜め後ろからのジャンボの姿が一番気に入っている。


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ここまでですよー [飛行機]

空港では、一機の飛行機を安全に飛ばすために、たくさんの方がそれぞれの持ち場で働いている。その連携を見ているのも興味が尽きない。
しかし、ひとたび地上を離れてしまえば、運行のすべてはコックピットにいる機長が全責任を負わなければならない。だから、無事に着陸してエプロンの所定の位置に機体を止めたとき、ホッとするのだろう。そしてホッとしたとき、それまでガマンしていたジュースを飲みたくなる気持ち、よくわかる。


nice!(45)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

力持ち [飛行機]

空港では様々な車両が動き回っているが、飛行機を押したり引いたりする車両を見ていると、「力持ち!」とかけ声をかけたくなる。一台の小さな車の力で飛行機が動き出した瞬間はいつも、本当に「すごい!」と感じる。

出発時の「押したり引いたり」とは違うが、整備場からエプロンまで前脚を挟まれたような格好で滑走路上を牽かれてくる飛行機の姿を見ていると、小さな車両の力強さと同時に、大きな飛行機が小さな車両に従順に従っているようにも見えてしまい、どことなくユニークな感じがする。

nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

夕映え [街歩き]

nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怖い思いをした [その他]

三連休の後半の13・14日の二日間、用事があって、渋滞覚悟で東名自動車道を西に走った。

13日の朝、首都高速で渋滞表示「用賀から厚木まで4時間以上」の表示を見て「ひえーっ!」と思い、助手席の妻にタブレットで確認してもらうと、厚木付近と大和トンネル付近で事故があったことがわかった。「4時間以上」だから5時間かかるかもしれないので、用賀で高速を降り、第三京浜、横浜新道、新湘南バイパス経由で厚木まで行き、厚木から再び東名自動車道にのった。

帰りは夜の東名を走ってきたが、秦野中井から東京まで渋滞の連続。三車線の渋滞の中、真ん中の車線にいた私の車の両側を、バイクが車の間をかなりのスピードでドンドンすり抜けていく。車のミラーとバイクのミラーが接触しそうな間隔しかないのに、バイクのライダーは慣れているのだろう、どのバイクもかなりのスピードですり抜けていった。
一瞬だけ渋滞が切れたとき、100km+αのスピードで走っている私の車を、遙か後方からライトをハイビームにした三台のバイクがあっという間に追い越していった。そのときのスピード差から考えると、三台とも170~180kmはでていたと思う。

とにかく、渋滞中の車の間をすり抜けていくバイクに、「ぶつかられたら」「接触されたら」という思いをずっと持ちながら、渋滞に耐えていた。

帰宅後、ニュースを見ていたら、13日の大和トンネル付近での事故の記事が載っていた。

「13日午前9時10分ごろ、神奈川県大和市上草柳の東名高速下りの大和トンネル 出口付近で、オートバイを運転していた○○さんが高速バスにひかれて死亡した。県警高速道路交通警察隊によると、下り線は当時は渋滞中で、○○高速バスの後方を走っていた○○さんが、右側からバスをすり抜けようと して転倒。バスの右後輪にひかれたという。バスには乗客と運転手計53人が乗って いたが、けがはなかったという。」

nice!(44)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

都会の夜を撮るのも楽しい [街歩き]

※今朝は台風の影響で風雨が荒れ狂っている。自宅から駐車場の間、勤務先の駐車場から職場までの間にびしょ濡れになるので、濡れてもいい格好できた。今から着替えるが、電車、バスの方は大変だ。

nice!(59)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

遠足かな? [街歩き]

いつもは大型車や商用車がひっきりなしに走っている湾岸地区の交差点。そんな交差点にも、休日の今日はほとんど車の姿もなく、どこかに遠足にでも行くのであろう子どもたちの楽しい声が響きわたり、小学生も安心して力一杯自転車をこいでいた。


nice!(59)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

頭の上を・・・・ [鉄道]

天気のいい日に、運河を散策しながら頭上を走るモノレールを撮るのが結構好きだ。


nice!(54)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

レモンイエロー [鉄道]

東京メトロ銀座線に新しく投入された1000系。銀座線は、他の路線との相互乗り入れがないので、東京メトロ独自の車両設計が可能であることから、この車両の色や形には、多くの人の思いが込められている。

昭和2(1927)年、東洋初の地下鉄を走った車両(旧1000形)は、安全で快適なサービスをお客様に提供したいとの想いから、当時の最先端技術を結集させるとともに、地下でも映えるようレモンイエローを車体色とした画期的な車両だった。
今回の新型車両1000系にも、環境に優しいモータや騒音・振動を抑える台車など、現代の先駆的な技術を採り入れ、車体塗色をレモンイエローとし、旧1000形に込められた想いが受け継がれている。
http://www.tokyometro.jp/series1000/

新型車両が渋谷に向けて出発してすぐ、今度は同じホームに01系が入線してきたが、見慣れているはずの01系が何となく懐かしく見えてしまうから不思議だ。


nice!(45)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

煙い 煙い でも頭がよくなりますように [街歩き]

浅草寺の大香炉は、いつも多くの参拝客で賑わっている。大香炉の周りで会話を聞いていると、圧倒的にアジアからの観光客の方が多いが、みなさん楽しそうに煙を自分の体のあちこちにかけている。

そして、体にありがたい燻煙を十分にかけたあと、隣にあるお水舎(おみずや)で手を清め、参拝の準備が整う。


nice!(47)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

いろんな魅力 [街歩き]

浅草にはいろんな魅力がある。
東京メトロ銀座線を降りると、多くの方は雷門方面の出口に向かうが、私は下の写真にある通路を通って地上にでるのが好きだ。地上にでると、新装なった松屋の建物が迎えてくれる。
そこから真っ赤な吾妻橋を渡ると、アサヒビールの特徴あるビルが目を楽しませてくれる。真っ黒いビルと金色のビルが隣り合わせに建っているので、見る位置により、金色の写り込み方が違っておもしろい。
そんな浅草の裏通りを歩いていると思わぬ発見をすることがあり、それが浅草の魅力だと思う。


nice!(58)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

行き止まり [街歩き]


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危険だと思う [街歩き]

御茶ノ水駅の下を流れている神田川。その川幅は写真で見てもわかるように狭く、その両側はコンクリートの護岸壁で囲まれている。この狭い川も東京の水運には結構役立っており、時々、バージ船がゆっくりとしたスピードで行き来している。
http://condigi-photo.blog.so-net.ne.jp/2009-12-15

そんな神田川を、ホームで待っている方達が振り向くほどの大きな爆音をあたりに響かせながら、二人乗りの水上バイクがカッとんで行った。

危険だと思う。


nice!(45)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

楽しみにしてたんだけどなぁ・・・・・[ひたちなか海浜鉄道] [鉄道]

ひたちなか海浜鉄道湊線の開業100周年記念。楽しみにしていたが、折悪しく台風が二つもやって来たので中止になってしまった。大きなイベントなので前日に判断するわけにはいかない事はよくわかるので、残念だが仕方ない。安全を第一に考えれば、主催者としては当然の判断だと思う。

残念がっていても仕方ないので、一日乗車券を買い、日曜日に時刻限定で運転されたキハ222に乗ってきた。床は当然板張りで、北海道仕様の大きな回転窓を持つキハ222は、湊線の中でもなかなか魅力的な車両だ。

車内にはカメラを提げた方がたくさん乗っており、途中から乗ってきた子どもがお母さんに「何でみんなカメラ持ってるの?」と素朴な質問すると、そのお母さんは「みんなこれが好きなのよ」と子どもに応えていた。そう、みんな湊線が好きなのだ。


nice!(56)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。