So-net無料ブログ作成
検索選択

ボクは通れますよー [散歩の途中]

12月に入った途端、もの凄く寒くなった。
でも、その寒さをものともせず、自転車をこいでいく方の後ろ姿が頼もしい。
私はただブルブル!

タグ:写真
nice!(43)  コメント(2) 

向こうの光が・・・ [鉄道]

曇り空の上にすっかり日が暮れて暗くなった時刻。
大きくカーブしているレールに、近くにある神社の境内を照らし出している街灯の光が映っていた。
列車の前照灯に照らし出されるレールの輝きも好きだが、街灯の光を反射してかすかに光っているレールもおもしろいと感じた。

タグ:写真 鉄道
nice!(45)  コメント(2) 

夕暮れどき [鉄道]

鉄道の持つ不思議な魅力のとりこになってから、もう大分たつ。
中学生の頃からなので、もう40年以上になるが、「どこが?」と問われても、今になっても「ここが」と明確には返答できないでいる。
「好きになる」ということは、誰かを好きになることを含め、「○○が気に入った」というのではなく、そのもの(その人)との相性がピッタリ合ったということなのだと思う。
だから、「ねぇ、あの人のどこが気に入ったの?」と聞くのは愚問だと思っている。
もしそう聞かれたら、「うーん・・・全部かな」と返すしかない。

nice!(57)  コメント(4) 

この形 好きなんだけどなぁ・・・ [鉄道]

私が気に入ってるこの車両も、あと少しで657系に置き換わってしまう。
登場時には「タキシードスタイル」と評され、JRになって初めての車両として、その斬新なスタイルが話題になった。
初期型のグリーン車には、座席ごとに液晶テレビがついていたし、飛行機のように蓋の閉まる座席上の荷だなも新鮮だった。
また、普通車にも読書灯や間接照明が採用され、それまでの車両とはすべての面で違っていて、乗るのが楽しみな車両だった。
時代の流れとは言え、消えてしまうのが残念だ。

タグ:写真 鉄道 651系
nice!(34)  コメント(3) 

若い二人もいいけれど・・・ [二人]

若い二人もいいけれど、人生を共に重ねた二人が楽しそうに話しながら散歩している姿をみていると、また違った魅力を感じる。
年々歳をとるに従い体力は衰えても、それに代わって二人が醸し出す「人生の味わい」には格別のものがある。
歳をとるのもいいものだ、と最近思うようになった。

タグ:写真 二人
nice!(37)  コメント(2) 

夜の街に黄色いHUMMER [街歩き]

ほろ酔い気分で歩いていたら、遠くに止めてある黄色い自転車が目にとまった。
近づいてみると、“HUMMER“のロゴがあった。
HAMMER”というと車の名前とばかり思っていたので、「フーン、自転車もつくってるんだ」と思いながらシャッターを押した。
帰ってからネットで調べたら、結構手頃な値段で手に入るらしい。
機会があったら乗りたい自転車だ。

nice!(31)  コメント(2) 

遠くからも見えるでしょー! [鉄道]

日もほとんど暮れかかった頃、街路灯もなく暗い道を、向こうから一台のミニバイクが走ってきた。
バイクが遠くにあるときは、そのライトのまぶしさに目を細めなければならないほどだったが、近づくにつれそのまぶしさもなくなり、すぐわきを通り過ぎるときには「こんなにくらいライトでスピード出して大丈夫なの」と心配してしまうほどの明るさだった。
そう思いながら目を上に向けると、グリーンのライトが、遠くまで届けとばかりに強い光を放っていた。

タグ:写真 鉄道 信号
nice!(37)  コメント(0) 

コアラが飛んだ! [飛行機]

羽田空港を離発着する機材の中でも、このコアラ、結構気に入ってるんです。
大きな機体の間にちょこんといる小さな機体は、遠くから見ても何となく可愛らしく感じます。
でも、離陸時の流し撮りは難しいですね。

nice!(28)  コメント(2) 

「コアラ」じゃなくて「ベア」でした [飛行機]

羽田空港写真を撮っていると、ポケモンジェット子ども達に絶大な人気がある。
大きな機体に所狭しと描かれたキャラクターを見ていると、大人の私も心がウキウキしてくる。

でも、私はこの小さな機体が気に入っている。
昨日、「コアラ」と書いたが「ベア」だそうだ。
Air Doのイメージキャラクターで「ベア・ドゥ」というらしい。
そう言われると、確かにクマの顔をしている。

この機体に描かれているクマたち、特に垂直尾翼に描かれたクマを見ていると、何となくホノボノしてしまう。
そして、大きな青い機体に囲まれて駐機しているこの小さな機体を、よけい愛らしく感じてしまう。
特にこの機体は、小さな子どもによく似合うと思う。


nice!(30)  コメント(0) 

さあ飛び立つよ! [飛行機]

羽田空港から東京のビル群をバックにして離陸していく飛行機の姿は、好きの被写体の一つだ。
展望台から撮影するときには、落下防止のワイヤーや金網の隙間から撮るしかないので構図は限られてしまうが、離陸していく飛行機の迫力を十分に感じることができる。

大きな機体も迫力があっていいが、小さな機体のボーイング737が大空に駆け上がっていく姿に、とても魅力を感じる。


nice!(23)  コメント(2) 

これが見たかった! [飛行機]

今回、寒い中をわざわざ羽田にやってきたのは、ボーイング787を見たかったからだ。
機体の塗装も気に入ってるが、エンジンカウルの波形もおもしろい。
時間の関係で離陸するところは撮れなかったが、なかなか魅力的な機体なのでこれからが楽しみだ。


nice!(32)  コメント(5) 

ほら! 飛ぶよ飛ぶよ! [二人]

羽田空港の展望デッキでは、二人で飛行機写真を撮っているカップルが多く見られる。
成田空港ではあまり見られない光景だが、二人で同じ趣味を持てることはとても良いことだと思うし、仲が良さそうで、端で見ていてもいいものだと思う。
この後きっとお互いの写真を見せ合うのでしょうね。

nice!(30)  コメント(0) 

パパ見て! [親子]

パパ見て!
ぼく、大きくなったら飛行機パイロットになるんだ。

nice!(33)  コメント(2) 

アメニモ負ケズ 風ニモ負ケズ ・・・ [鉄道]

雨にも負けず 風にも負けず
車のタイヤに上られてもジッと我慢をし
ひたすら荒川線のために頑張っている
そんなレールに心から感謝したい

nice!(42)  コメント(2) 

ジッと待つ [鉄道]

JRの高架橋下で、信号が青に変わるのをジッと待っている荒川線
止まっている脇を、スピードをだした車が通りすぎていくのを横目で見ながら、ジッと待つ荒川線。
そんな荒川線が気に入っている。

nice!(32)  コメント(2) 

グニャグニャカーブ [鉄道]

こんなグニャグニャカーブも、荒川線なら平気です。

nice!(27)  コメント(0) 

家族が一緒なら・・・ [家族]

家族が一緒なら、少しぐらい寒くても待ち時間なんてへっちゃらです。

nice!(35)  コメント(5) 

新幹線来るといいねぇ・・・・ [鉄道]

飛鳥山公園で、お祖父さんとお孫さんが新幹線がやってくるのを待っていた。
やがて、それぞれ個性のある車両が二人の目の前を通り過ぎていったが、飛鳥山公園からは、新幹線の他に荒川線や京浜東北線、陸上自衛隊のヘリコプターまでも見ることができる。


タグ:写真 家族 鉄道
nice!(28)  コメント(4) 

光に向かってカシャ [街歩き]

街を歩きながら、気になる光景でシャッターを押している。
順光の写真は色がきれいでいいが、逆光の写真も結構味があっておもしろいと思う。


タグ:写真 街歩き
nice!(20)  コメント(5) 

アッ! 富士山だ [鉄道]

横須賀線に乗ったときは、山側の窓際にカメラを用意して座ることにしている。
それは、西大井駅と武蔵小杉駅の間は横須賀線と東海道新幹線が併走しているので、すれ違ったり追い抜いていく新幹線を撮ろうと思っているからだ。
でも今回は、西大井駅あたりからずっと窓外を見ていたが多摩川を渡るあたりになっても、新幹線の姿を全く見ることができなかった。
「折角カメラを構えていたのになぁ・・・」と思いながら遠くを見てたら、雪化粧した富士山が「残念でした。また今度ね。」とでもいってるように、こちらをじっと見ていた。


nice!(25)  コメント(5) 

観光客の騒ぎをよそに・・・ [名勝]

横須賀線の北鎌倉駅に着き、駅から円覚寺の境内に入るときには、必ずこの踏切を渡ることにしている。
横須賀線が円覚寺の参道の一部を横切っているし、北鎌倉駅から直接円覚寺の階段下に行くことができるので、踏切手前の両側にある池に気付かない方も多いのが残念だ。
この日も多くの観光客(私もその一人)が訪れていたが、その観光客の喧噪に惑わされることなく、建物の濡れ縁をゆっくりと丁寧に掃いている一人の男性の姿に目を引かれた。


nice!(28)  コメント(2) 

北鎌倉散策のもう一つの楽しみ [くつろぎの時間]

鎌倉周辺の古刹を巡るのも楽しいが、も途中で食事をしたりコーヒータイムで時間を費やすのも楽しみの一つだ。
この日も円覚寺を出た後、近くにあるお店でノンアルコールビールを飲みながら、妻と二人で精進料理を味わった。
そしてそのお店を出て建長寺に向かう途中、美味しそうなコーヒーを出してくれそうなお店が見つかったので、ちょっと寄り道をしてコーヒータイム。
そんな楽しみ方のできるところが北鎌倉だと思う。


タグ:写真 北鎌倉
nice!(41)  コメント(3) 

修行の妨げにならないように [修行]

観光客が境内のあちこちを歩いていても、お寺はやっぱり修行の場なのです。
修行僧の妨げにならないようにしなければ・・・

nice!(27)  コメント(0) 

一人一人の「思い」 [散歩の途中]

一つ一つ丁寧に結びつけられたたくさんのおみくじ。
それを見ていると、それぞれの人たちが、どんな思いで結んでいったのかと想像してしまう。
きっと、「願いが叶いますように」と心に願いながら、思いを込めて結んだのだと思う。


nice!(25)  コメント(0) 

どこに続いているんだろう? [鉄道]

夕暮れの淡い光を受けてどこまでも延びている2本のレール。
レールは、昔から私たちに特別な気持ちを抱かせてくれた。
小説のなかで、「このレールは故郷に続いている」と、特別な思いを持って語られることも多くあったろうし、レールの上を遠ざかっていく列車に、別離の切なさを感じたこともあるだろう。
そんなことを考えながら淡く光るレールを見ていたら、足元から急に列車が現れ、そして遠ざかっていった。


タグ:写真 鉄道 651系
nice!(31)  コメント(4) 

アニマルトレイン [鉄道]

昨日が一応仕事納めだったが、今日も仕事に出かけた。
さすがに仕事をしている人の数は少なかったが、いつもの面々が机に向かっていた。
その仕事が早く終わったので、帰り際にちょっと遠回りして湊線を撮りに出かけた。
仕事帰りなのでダイヤを調べてなかったし、光の具合もよくなかったが、たまたまやってきたアニマルトレインを切り取った。

nice!(23)  コメント(2) 

「合格」トレイン [鉄道]

今日は仕事を午前中で終え、昨日とは異なり、ダイヤを確認してひたちなか海浜鉄道に向かった。
どんな車両がやってくるのか楽しみに待っていたら、やってきたのはミキ300-103。
遠くから望遠で何枚か撮ったあと、目の前を通過するときにも一枚シャッターを押した。
その写真を見ると、車内で親子が何やら会話をしているところが写っていた。
きっと、子どもにせがまれて湊線に乗りに来た親子なのだろう。それとも、魚市場に行く親子なのかもしれない。

ところでこの車両は入学試験のあるこの時期、両端に五角形のヘッドマークを掲げて走っている。
一方には“合格”の「合」の字を、もう一方には“”試験に勝つ”意味の「かつた」と書かれている。
JR勝田駅の入場券が縁起物として受験生に人気があるが、この車両も縁起のいい車両だ。


nice!(25)  コメント(3) 

今年最後の日 [くつろぎの時間]

今年の年末年始は今日と明日しか休めないが、今年最後の日、妻と二人で海の見えるカフェに出かけた。
普段は車で出かける出帳に、たまたまJRを利用したので偶然見つけたこのカフェを一目で気に入り、その後わざわざ車で行くようになった。
海に面したカウンターに二人で並んで座り、コーヒーを飲みながらとりとめもないことを話しているのもいいものだ。
太陽の光を受けて輝いている海を見ながら約一時間、久しぶりにゆったりとした気分を味わうことができた。

そんなくつろいだ時間を過ごしたカフェから出て、今年最後に撮った写真は、やっぱり“これ”だ。


nice!(33)  コメント(11) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。